活動について

 農事組合法人サンファーム小友は自立できる農業を目指し「おとも」らしい農業を確立するため、各種作物の販売を大手企業と連携し、契約栽培を中心とした営農を行っております。また、農業研究センターなど各関係機関協力のもと、先進事例を参考に、農業技術向上に日々励み取り組んでいます。
 平成27年度からは水稲だけでなく、大豆やニンニクなど、高収益の可能性を追究した新たな試みにも挑戦し、また独自販売を目指し、近隣地域の各種店舗へ販売促進を実施しております。当組合は東日本大震災後設立し現在5年目を迎えたばかり、従業員は少数ではありますが、その分多くの地元農業者と協力しあい、復旧田でありながら広大な農地を耕作しています。今、更に新しい技術を求めています。
 いずれは6次産業化を目指し、小友で農業発展のため、努力惜しまず職員一同邁進してまいります。
〜私達と共に働く新しい力を必要としています。〜

ご挨拶
佐藤悦男

◎このホームページをご覧の皆様こんにちは

 私たちの組合は、2011年3月の東日本震災から3年後の2014年5月に立ち上げた未だ新しい組合です。圃場にも海水が流れ多くのガレキが散乱し、本当にこの地で農業の継続は可能なのかと思いましたが、地域の方々のご協力と震災復旧にあたった市・県をはじめ、多くのボランティアの皆様のご支援があって、現在の営農ができるまでに至ったこと心から感謝しております。
 現在の農業情勢はグローバル社会のなか、厳しい環境にありますが、地域の担い手としていつまでも輝き続ける農業経営をしていくことが、多くの支援にお応えする義務と感じ日々邁進しております。
 このことから恩返しの一つとして現在の状況を多くの方々に知って頂こうと、この度、ホームページを立ち上げたところです。
 今後におきましても当組合に対し、末永い応援よろしくお願い申し上げます。

理念・方針

~サンファーム小友は復興のシンボルとしてゴールドの世界を守り続けます~

1. 持続的な自力農業経営の確立を目指します
1. 地域産業の担い手となるよう、貢献し続けます

理念・方針
顧問 石川滿雄
代表理事組合長 佐藤悦男
理事 千葉丑實
理事 上野文雄
理事 上野信一
理事 及川常明
理事 金澤菊男
理事 黄川田孝志
理事 戸羽正光
理事 小松浩隆
監事 黄川田幸吉
監事 戸羽照夫

(平成29年6月25日就任)

定款

定款はこちらをご覧ください。
サンファーム小友定款(PDF形式)